SISさんのパンフ

2012.01.14, category: Staff Voice

新国立劇場で、「寿歌」を観劇。

3.11を意識してつくっていないということだけれど、どうしても時代と重ねてみてしまう。まぁ、それが演劇の醍醐味でもあるし。

こういう芝居をみる度に思うのは、自分が辻褄を合わせることが、如何に好きかってこと。

伏線のある芝居や推理物は、大好物。

でも、演劇には、そんな辻褄なんてどうだっていいという境地のものが、多々あるのだ。

そして、辻褄好きの私でも、それらに心ゆすぶられることは、往々にしてある。

「寿歌」も、その仲間だった。

・・・

で、パンフです。

シスカンパニーのパンフは、コンパクトで必要なことだけが載っていて、出来もよくって、そしてここが大事だが、「安い」!!

でもって、こういう芝居のときは、やっぱりパンフを買っておいたほうがいい。

だって、お芝居を観ただけで、「ルシフェル」なんてキーワード、でてこないっしょ。(私が鈍かっただけかもしれないけど)。

それを知れただけでも、買いなのですよ、このパンフ!

でも、これが、2000円もして、写真集化しちゃったりしたら、買う人もへるだろうな。

演劇ファンとしては、こういう質&価格のパンフが増えてくれるといいとおもうんだけどなぁ・・・。

★ナカムー

 

 

No Comment

recently works